パパが謎を作って娘が解く、おうちでなぞとき07「ハロウィン編」

おうちでなぞとき

おうちでなぞときシリーズです。

パパが謎をつくって、むすめが解く、おうちのなかでできる謎解きです。
今回の謎は「ハロウィン編」です。

登場人物と謎について

ひろボウズ:むすめのパパ。謎解き を生業にしている。
むすめ:8歳。小学校2年生。
謎解き想定時間:15分
会場:おうち
必要なもの:印刷した問題、鍵と錠、施錠できる箱、箱に入れるプレゼント
実施日:2020年11月1日

いざ、おうちでなぞとき!

むすめといっしょに問題のゲームの進め方を読んだらゲーム開始です。

トリックオアトリート!
いいものをあげよう。
この箱の鍵が開いたらね。

それでは「ハロウィン編」を始めます。

カードを並べよう

テーブルの上にあるのは、
20枚のカードとカードの置き方の紙です。
カードの置き方には「がいこつ」「こうもり」「かぼちゃ」「おばけ」「まじょ」「ねこ」とあります。
文字を作ればいいことに気づいたむすめは「がいこつ」から始めます。

なぜか「が」のカードが見つからず、「こいつ」になって、それから並べ替えて「いこつ」になって「がいこつ」の「が」はいったん後回し。
やることはわかったので、カードを次々に並べます。

すべてのカードが並び終わりました。
(行方不明だった「が」もみつかり完成)


すると、カードの角同士のところに文字が現れます。
「カードヲウラニシテヨメ」
カードを裏にして読め、ということですべて裏返します。
カードに1文字ずつで文字列ができました。


縦読みすると
「カギノ バンゴウハ パパノテノヒ ラニデテクル」
鍵の番号はパパの手のひらにでてくる
パパの手のひらには何やら線が書かれています。
両手のひらを合わせると、3桁の数字のようです。
(ひとりで書いたのですごいヘタで見づらかった。。だれかに書いてもらうことをお勧めまします。)


数字は「860」
カギが開いて箱を開けるとすみっこぐらしのすずめがいました。
おめでとう。

印刷物はこちら

今回の問題もいつもどおり印刷してもらって
自由に遊んでもらえるようにしています。
難易度設定は小学校低学年向けです。
ノーヒントでもいけると思います。手のひらの数字はきれいに書いてね。
数字はなんでもいいのでわかりやすく、かつ謎解き中は手のひらを見せないように気をつけて。

□今回の謎解きに必要な準備
・上記PDFをダウンロードして指定のサイズで印刷する。
・20枚のカードはカード1とカード2に別れています。それぞれA4で短辺閉じの両面印刷をして1枚ずつ切り取る。
・宝箱を用意する。(カギがかかれば何でもいいです。カギさえできれば袋でも代用可)
・ナンバー錠を用意する。番号を設定する。
・宝箱にプレゼントを入れる。
・手のひらにナンバー錠の番号を書く。

それでは、また次回。
解いている様子はYou Tubeに公開しています。
こちらもぜひ御覧ください。

おうちでなぞとき「ハロウィン編」

コメント

タイトルとURLをコピーしました